専業主婦でも借りられる

どうして専業主婦でも借りられるのか

専業主婦

 

ご自身に収入のない専業主婦でもお金を借りたいという方は多いかと思います。実際に専業主婦に融資をしてくれる金融機関はいくつも存在しますが、どうして専業主婦でも借りられるのでしょうか?

 

総量規制が専業主婦OKのポイント

その答えは総量規制に隠されています。総量規制とは個人の借入総額が年収の1/3までに制限される仕組みのこと。貸金業法によって定められていて、2010年6月より全規定が施行されています。
ということは、収入ゼロの専業主婦はお金を借りることが不可能ということになります。しかし、全ての借入が総量規制の対象となるわけではありません。対象となるのは、貸金業者(消費者金融・信販会社・クレジット会社)からの借入です。つまり、それ以外の金融機関からなら専業主婦でもお金を借りることができるというわけです。

 

銀行カードローンなら専業主婦でも借りられる

具体的に収入ゼロでも融資を受けられるのは、銀行のカードローンです。専業主婦が申し込んだ場合、配偶者の年収によって審査が行われ融資の可否が判断されます。
多くの銀行カードローンは配偶者の同意や収入証明書が不要のため、専業主婦でも気軽に申し込むことができます。また、消費者金融と比べて圧倒的に金利が低いのも特徴です。

夫に内緒で借りる方法

配偶者の同意や収入証明書が不要といっても、夫に内緒で借り入れしたいという方は多いはず。とはいえ、本当にそんなことができるのか不安に思うのも当然です。
ここでは、夫に内緒でお金を借りるために避けるべきポイントを2つ挙げて解説します。

 

在籍確認

在籍確認とは、カードローン申し込み者が申告通り勤務先に在籍しているかどうか確認することです。専業主婦の場合、夫の勤務先に確認の電話が入ります。基本的にお金を借りる際に在籍確認は避けられません。
ただし、銀行はカードローンの在籍確認とは分からない様に十分な配慮をしてくれます。具体的には、銀行名を名乗って相手を呼び出すだけなのでカードローンの在籍確認とは分かりません。仮に夫が電話に出なかった場合でも、勤務先に在籍していることが確認されればOKです。
しかし、夫が電話に出た場合や「銀行から電話があった」と同僚から聞いた場合、不審に思うかもしれません。そういう時のために、「クレジットカードの審査だと思う」など言い訳を考えておくことも必要です。
どうしても在籍確認を避けたい人は、申し込む時に電話で相談してみましょう。実際に少額の融資であれば在籍確認がないことも多々あります。また、電話連絡が避けられない場合でも、かける時間やかけ方など可能な限り要望に沿ってくれます。

 

郵送物

次に気をつけたいのが、契約書やローンカード(借入の際に使うローン専用カード)、明細書などの郵送物です。
契約書やローンカードは審査が終わった後に郵送され、明細書は借入や返済など利用に応じて随時郵送されます。しかし、これらを自宅へ郵送されずに契約し、カードローンを利用することも可能です。
まず、ローンカードは銀行やATMまで出向いて契約すれば、郵送される心配はありません。ただし、ネット銀行などはインターネットで申し込んでカードは郵送という以外に選択肢がない場合もありますので、申し込む前に確認しておきましょう。
次に、明細書ですがWEB明細書に切り替えれば郵送される心配はありません。現在はほとんどの金融機関でWEB明細書の利用が可能です。この点も申し込み時に併せて確認しておくと良いでしょう。

 

 

以上2点に気をつければ、夫に知られず銀行カードローンを利用することは可能です。そんなに難しいことではないですよね?

すぐにお金が必要な時の申込方法

銀行カードローンの申込は、電話申込や銀行窓口での申込などいくつか方法があります。しかし、申込方法によって審査時間や融資までのスピードに大きな差が出る場合がありますので、要注意。すぐにお金が必要な場合は、インターネットで申し込みをして下さい。
具体的な方法としては

 

午前中にインターネットから申し込む
審査結果が出たらATMでお金を引き出す(指定口座に振込をしてもらう)

 

この2点です。

 

注意するべきは、申し込む時間帯。銀行の営業時間の都合上14時までの契約が完了していることが即日融資の条件となっている場合がほとんどです。そのため、急ぐ場合はできれば朝一番、遅くとも午前中のうちに申し込みをすませて下さい。

 

特に即日融資を希望しない場合でも、インターネットでの申込をおすすめします。インターネットなら申し込む時間帯や場所を選びませんし周囲にバレる心配もありません。これは他の申し込み方法と比較すると非常に大きなメリットです。

専業主婦OK!即日審査可!銀行カードローンランキング

みずほ銀行

 

金利4.0%〜14.0%・限度額30万円
普通預金口座を持っていれば口座のキャッシュカードで即日利用可能
新規にカードを発行する場合キャッシュカード兼用型・カードローン専用型から選択できます。キャッシュカード兼用型ならバレる心配なし!希望額200万円以下まで収入証明不要なので専業主婦でも簡単に申し込めます!

 

レイク

 

金利4.5%〜18.0%・限度額500万円
最短で即日審査・即日融資が可能。
レイクATM・提携ATMの手数料無料。希望額100万円まで収入証明不要。
初回利用に限り30日間無利息5万円までなら180日間無利息なので、「今月の生活費を少しだけ借りてすぐ返したい」という主婦の方におすすめです!

 

じぶん銀行

 

金利2.4%〜17.5%(auユーザー限定割1.9%〜12.5%)・限度額800万円
審査が早いと評判。限度額300万円以下なら収入証明書不要。
最短即日審査・融資OK。auユーザーの主婦の方なら断然お得に借入可能

 

イオン銀行

 

金利3.8%〜13.8%・限度額50万円
希望額300万円以下は収入証明証明書不要。
24時間365日手数料無料で借入可(ネットバンキングかイオン銀行ATM)。
14時までの申込で原則当日中の回答・カード受け取りは最短4〜5日後。
融資まで多少時間はかかりますが、「スピードより金利の低さ重視!」の主婦の方におすすめ!

みずほ銀行カードローンをおすすめする理由

ご覧いただいた様に当サイトでは、専業主婦の方にみずほ銀行カードローンをおすすめしています。その理由は3つ。順に説明していきます。

 

金利が低い

金利は4.0%〜14.0%。高いのか低いのかよく分からないと思いますが、金利を比較する際は上限金利を見て下さい。金利は借入金額の大小によって決定され、借入金額が少ないほど金利は高くなります。
専業主婦が申し込んで融資してもらえる限度額はせいぜい50万円まで。初回契約時には、ほぼ間違いなく上限金利が適用されます。
そう考えて見てみると、14.0%は低水準だということが理解できるはず。お金を借りるなら金利は引くに越したことはありません。

 

 

普通預金口座のキャッシュカードが利用できる

口座用のキャッシュカードが利用できるメリットは、ただ単にローンカードを作る手間が省けるという事だけではありません。
実際に利用する際、キャッシュカードを使ってATMでお金の引出しや返済ができたらどうでしょう?周囲の人はカードローンを利用しているとは思いませんよね?また、夫にカードを見られた場合も、普通預金口座のキャッシュカードであればカードローンを利用していることは絶対に分かりません
ほとんどの銀行カードローンは、ローン専用のカードでしか利用できませんから、カードの発行を待たなくてはなりません。また、カードを見られて周囲にバレる心配もあります。
このようにカードから周囲にバレることがないというのは、大きなメリットと言えます。

 

 

自動融資サービス

公共料金の支払いやクレジットカードの決済などで、みずほ銀行の返済様普通預金口座の残高が不足している時、限度額の範囲内で不足分が自動的に融資されるサービスです。「うっかりしてた!引き落とし日なのに足りない!」そんな時に非常に助かるサービスですね。
このようなサービスがあるので、みずほ銀行はカードローンで借り入れるだけでなく、トータルでお付き合いができる銀行と言えるかもしれません。

専業主婦でも借りたい人は是非みずほ銀行カードローンへ申し込みを!

専業主婦

 

以上3つがみずほ銀行カードローンをおすすめする理由です。
ここに紹介した点だけでも、その素晴らしさが理解していただけると思います。専業主婦でも借入したい方は、是非申し込んでみましょう。

1.専業主婦が借りられない!総量規制の仕組み

計画的にお金を使っていても、急に子供の部活などでお金が必要になり、今の手持ちでは足りないという時には本当に困ってしまいますよね。
しかし、子供が部活などで頑張っているのに、遠征費が足りないからと子供に我慢をさせたくないもの。
そんな時に利用できないかと考えるのが消費者金融ではないでしょうか。
子供のためにお金を何とか借りてあげたいけど、専業主婦でも利用できるのかと不安な人も多いと思います。
結論から言って消費者金融は専業主婦では基本的に利用はできません。
その理由が総量規制という法律があるためです。
この総量規制の仕組みについてみていきましょう。

 

1-1.収入がないと不可?総量規制の内容

総量規制は、消費者金融や信販会社のような貸金業者に対して適用されている法律です。
年収によって融資額を制限するというもので、このような貸金業者からは年収の3分の1までしか借りることができません。
総量規制では年収によって融資額を決めるため、収入そのものがない専業主婦では利用できないことになります。
ただし、この総量規制には除外や例外となる貸付があり、不動産や自動車を購入する場合の資金やそれらを担保とする貸付、緊急の医療費のための貸付や配偶者貸付などが例外や除外に当てはまります。

 

1-2.総量規制の対象となる消費者金融のキャッシング

大手消費者金融のキャッシングは、自動契約機を利用すればその日のうちにお金を借りることができ、すぐにでも10万円借りたいという時にでも頼りになる金融機関です。
総量規制ができる前は専業主婦でも利用できた消費者金融も、この総量規制ができてからは利用しづらい金融機関となりました。
例外として認められている配偶者貸付を利用すれば、専業主婦でもお金を借りられるのですが、大手消費者金融では受け付けていませんし、受け付けている中小の消費者金融を利用したとしても、夫の同意書なども必要になることから、夫には内緒でお金を借りたいという人には利用しにくい金融機関です。

2.専業主婦が借りられるのは銀行カードローン

消費者金融はすぐにお金を貸してくれる金融機関として知られています。
従って、消費者金融からお金を借りられないのであれば、専業主婦はどこからもすぐにお金を借りられないのかと思ってしまいますよね。
しかし、この総量規制ができてから、専業主婦に注目されているのが銀行カードローンです。
すべての銀行ではないのですが、大手銀行などでも専業主婦を融資対象としている銀行カードローンがあります。
そのため、消費者金融から融資が受けづらくなった専業主婦は、この銀行カードローンを利用して、緊急時の出費に対応しているという人が多くいます。

 

専業主婦 銀行カードローン

 

2-1.総量規制の対象外だから専業主婦OK

消費者金融では専業主婦には融資をしていなくて、なぜ銀行では融資をしているのかと思う人もいるのではないでしょうか。
その理由が、銀行は総量規制の対象外だからです。
銀行は貸金業者ではないため、総量規制という法律がなく、年収の3分の1以上の融資もでき、収入によって融資額を制限しなければいけないという法律がないため、専業主婦でも融資ができるのです。
銀行カードローンを専業主婦が利用する場合、配偶者に安定した収入があることが条件となっていますが、夫の同意書や収入証明書なども必要ないことから、内緒でお金を借りることも可能です。

 

2-2.借入限度額は低めの設定

消費者金融では融資が受けられなかった専業主婦も、銀行を利用することで急な出費にも対応できます。
利用が可能といっても、収入のない専業主婦に本当に融資をしてくれるのかと不安な人も多いと思います。
収入のない専業主婦に銀行がお金を貸してくれる理由には、専業主婦として生活している時点で、夫にある程度の年収があると判断できる点と、融資額があります。
というのも、専業主婦の場合には、借入限度額が30万円、50万円までと、ほとんどの銀行で決められています。
専業主婦であるということでの信用と、借入限度額の低さが、収入のない専業主婦に融資ができる理由です。

3.初めての方に!銀行カードローンの利用方法と流れ

銀行カードローンなら専業主婦でも利用できるといっても、今まで金融機関からお金を借りたことがないという人にとっては、何かと不安を感じますよね。
どのようにして申し込んだらいいのか、審査に通りやすい人や通りにくい人がいるのか、どのような準備をしたらいいのかなど、初めてのこととなると、色々考えてしまい不安を感じてしまいます。
しかし、この不安もしっかりとした予備知識があれば解消することができます。
そんな予備知識として、申込方法から、審査に通るためのポイント、必要になる書類など、利用方法と流れについて紹介していきます。

 

3-1.WEBやスマホでも申し込める

銀行カードローンの申込方法は、窓口に行って申し込みをする方法だけではありません。
最近ではWEBやスマホなどでの申し込みが主流となっています。
近くに専業主婦を対象としている銀行がないと、利用できないのではないかと不安になってしまいますが、インターネットを利用した申し込み方法が利用できるので安心してください。
専業主婦でも利用できるカードローンとしては、大手銀行の三菱東京UFJ銀行カードローンやみずほ銀行カードローンをはじめ、買い物でも良く利用しているイオンのイオン銀行カードローンや楽天銀行カードローンなどがあり、これらのカードローンもWEBやスマホを利用して申し込みができます。

 

3-2.審査に通るためのポイントは?

専業主婦が利用できる銀行は多くあるのですが、気になるのが審査ですよね。
この審査に通るためのポイントを紹介します。
まずは申込書の記入です。
申込書に記入する情報は審査にとても重要な情報になることから、記入ミスや嘘の記入に気をつけましょう。
記入ミスや嘘の記入があると、それだけで審査に落とされる可能性があります。
また、どうしても審査に通りたいからと、複数の銀行に同時に申し込むとどこの銀行からも借りれなくなる可能性があるので、多くても申し込みはひと月に2社までにしましょう。
初めての利用なら、融資額は10万円程度になるかもしれませんが、これらの点を気をつければ十分に審査に通る可能性はあります。

 

3-3.必要書類の提出&ローンカードの発行

申し込みをするときに準備しておく必要があるのが本人確認書類です。
具体的には、運転免許証や健康保険証、パスポートなどが利用できます。
本人確認書類は必ず必要になる書類なので、申込みをする前には準備をしておきましょう。
WEBやスマホなどでの申し込みではカメラで撮影したり、専用アプリから提出することができます。
申し込みを済ませ、審査に通ったという連絡を受ければ契約を済ませてローンカードを受け取ります。
ローンカードの受け取りは、自動契約機が設置されている銀行ならそこでも受け取れます。
また、銀行によっては口座用のキャッシュカードをローンカードとして利用でき、契約を済ませれば持っているキャッシュカードでお金を借りることができます。

4.夫に内緒で利用するには

急にお金が必要になったときには、夫や親に心配をかけたくないという理由から、内緒でカードローンを利用したいという人も多いと思います。
そんな人にとって銀行系カードローンは内緒で利用することができるのかと不安になってしまいますよね。
銀行系カードローンは、夫や家族に内緒で利用することができます。
ただ、注意点もあり、慎重に申し込みやカードローンを利用する必要があります。
例えば、ローンカードを発行してもらえても、そのカードを見られてしまっては、何のカードなのかと追及される可能性もあるため、ローンカードの管理も重要です。
家族に内緒にしたいという時には慎重に利用することが大切です。

 

4-1.配偶者の在籍確認は必要なし

カードローンを利用する時には在籍確認があるということを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
在籍確認とは、申込書に記入された勤務先に連絡をして、本当に勤務しているのかを確認する連絡のことです。
専業主婦の場合では、夫の勤務先を記入することになるので、夫の勤務先に連絡があるのではないかと不安になってしまいますよね。
しかし、安心してください。
専業主婦がカードローンを利用する場合には在籍確認の連絡はありません。
カードローンを利用する場合、審査対象は申込者本人で、夫の勤務先に連絡をすることはありません。

 

4-2.書類の不備があると確認される可能性が!

審査に通りやすくするためには、申込書の記入ミスには注意が必要と紹介しました。
申込書の記入ミスや提出する書類に不備があると、通常は銀行から連絡が入り確認されます。
この連絡が自宅に入ることにより、家族にカードローンに申し込んだことが知られる可能性があります。
自分のミスによって家族に知られることがないように、申込書や提出する書類はしっかりと確認をしましょう。
本人確認書類では、現住所を確認する必要があり、引っ越しなどをしたばかりで運転免許証の書き換えをしていないという場合では、その運転免許証が利用できないケースも考えられます。

 

4-3.自分の携帯電話を連絡先にしておく

申込書や書類に不備がなくても、銀行からの連絡は必ずあると思っておきましょう。
申し込みを済ませると、本人が本当に申込みをしたのか、申込書のないように間違いがないかなどの確認のために銀行から連絡が入ります。
そのため、申込書に記入する連絡先を携帯電話にしておきましょう。
携帯電話の番号を記入しておかないと、自宅に連絡が入ることになり、夫や家族がその連絡に出ることで利用がバレる可能性があります。
自宅の電話番号と携帯電話の番号の両方を記入しておけば、通常は携帯電話の方を優先して連絡をしてくれますが、不安な人は携帯電話だけの番号だけでも大丈夫です。