専業主婦 カードローン 申込

1.専業主婦が申込できるのは消費者金融?銀行カードローン?

専業主婦が安心してカードローンを利用する方法は銀行を利用するということです。
銀行なら、夫に安定した収入さえあれば、カードローンが利用できるところはあります。
消費者金融でも専業主婦が申し込みをすることは可能です。
しかし、大手消費者金融ではなく、中小消費者金融に限られます。
中小の消費者金融なら、収入がない専業主婦の人でも借り入れをすることが出来ます。
ただ、中小の消費者金融はなんとなく怖いといった人もいるのではないでしょうか。
銀行での借り入れでは、その点が大きなメリットと言えます。
金融機関の中には、ヤミ金と呼ばれるところもあり不安を感じてしまいますが、銀行ならそんな心配もありません。

 

1-1.消費者金融は主婦だと断られる理由を解説

大手消費者金融では専業主婦の人に融資はしていません。
この理由が総量規制です。
この総量規制では、年収の3分の1までの融資が可能となっているのですが、そもそも年収のない専業主婦では審査の対象外となってしまい、融資を受けるとこが出来ないことになっています。
ただ、パートやアルバイトをしている主婦の人という場合には話は別です。
仕事をしていることから、年収もあり、審査をする対象となるため、融資を受けられる可能性はあります。
大手消費者金融で借り入れを考えている人の場合には、まず仕事をして収入を得ることが条件となります。

 

1-2.銀行系カードローンなら主婦も利用できる理由

銀行では、専業主婦でも借りられるところは複数あります。
このことから、消費者金融で条件となっている安定した収入がない人でも、銀行なら融資が受けられるのではないかと思う人もいるかもしれません。
しかし、銀行でも融資を受けるためには、安定した収入があることが条件となっています。
では、なぜ専業主婦が融資を受けられるのでしょうか。
それは、配偶者に安定した収入があるからです。
銀行では、専業主婦本人に収入がなくても、夫に安定した収入があれば融資をしてくれます。
通常なら申し込み者本人に安定した収入があることがどこの金融機関でも条件となっているのですが、専業主婦に限り配偶者に安定した収入があれば融資をするということです。

 

1-3.銀行系カードローンは総量規制対象外!

銀行系のカードローンが利用できる理由の一つとして、配偶者に安定した収入があることがありましたが、それ以外にも総量規制対象外という点もあります。
消費者金融では総量規制の対象となっているため、専業主婦であっても、申し込み者本人に収入がないのであれば原則融資は出来ません。
ただ、この総量規制というの貸金業者に対しての法律です。
貸金業者とは、消費者金融や信販会社のことです。
貸金業者と銀行とでは法律が違い、貸金業者では貸金業法、銀行では銀行法によって営業をしています。
この法律の違いによって、銀行は総量規制対象外となり、専業主婦でも融資が出来ることになっています。

 

1-4.配偶者貸付制度の利用方法を解説

専業主婦の人が金融機関からお金を借りる場合には、配偶者貸付制度を利用する必要があります。
この配偶者貸付制度とは、配偶者に安定した収入があることで、収入のない専業主婦の人でも融資を受けられるというものです。
配偶者貸付と言っても、銀行での配偶者貸付と、消費者金融での配偶者貸付とでは違いがあります。
銀行での配偶者貸付では、本人確認書類だけで融資を受けられる場合もあるのですが、消費者金融での配偶者貸付では、配偶者との婚姻関係を示す書類や配偶者の同意書、収入証明書の書類の提出が条件となっている融資です。

2.配偶者貸付制度の利用は夫にばれる?

消費者金融でも、総量規制の例外として認められている配偶者貸付制度が利用できるところなら融資は可能なのですが、この消費者金融を利用した場合には、配偶者の同意書が必要となるため、夫に内緒で融資を受けることは出来ません。
しかし、銀行での配偶者貸付を利用した場合には、夫にばれることなくカードローンを利用することは出来ます。
銀行では融資をする際には在籍確認を行いますが、配偶者貸付の場合は、この在籍確認なしでカードローンが利用できたという人も多くいます。
本人確認書類で運転免許証を提出するのではなく、健康保険証を提出することで、その保険証で夫の勤務先が確認できるので、在籍確認なしでカードローンが利用できる場合もあります。

 

カードローン 配偶者貸付

 

2-1.銀行系カードローンを配偶者貸付で利用している主婦の口コミ体験談

三菱東京UFJ銀行で、配偶者貸付を利用してカードローンの審査に通ったという人の声を見ることが出来ました。
この人は、専業主婦であることで消費者金融を利用できないと悩んでいたのですが、ダメもとで夫の収入証明を持参して窓口で申し込んでみると、審査に通ったとのことでした。
担当のスタッフが男性で不安を感じたようでしたが、優しく丁寧な対応で、自分からも色々と質問をすることが出来たとのことでした。
窓口での申し込みでのメリットは、初めての人でもいろいろ質問をしながら申し込めるという点です。
対応が男性スタッフとなると緊張する人もいるようですが、どこの金融機関でも丁寧な対応をしてくれるので、初めて利用するという人にはおすすめの申し込み方法です。

3.配偶者貸付で利用できるおすすめの三菱東京UFJ銀行カードローン

配偶者貸付が利用できる銀行として三菱東京UFJ銀行があります。
この銀行の特徴としてテレビ窓口があります。
窓口まで行くのは抵抗があるという人でも、テレビ窓口なら利用できるという人もいるのではないでしょうか。
この銀行では支店のATMの設置場所に、テレビ窓口が用意され、そこからカードローンの申し込みをすることが出来ます。
この窓口を利用すれば、その場でカードの発行も受けられ即日融資も可能となっています。
多くの銀行が専業主婦に対応していても、銀行口座の開設が必要であったりと、多くの時間が必要になる場合もありますが、この銀行のバンクイックなら口座開設も必要なく短時間での融資も可能となっています。

 

3-1.配偶者貸付で利用できるおすすめのイオン銀行カードローン

専業主婦の人には、イオン銀行もおすすめです。
イオンは毎日利用する場所という人も多く、この銀行の口座をすでに持っているという人も多いのではないでしょうか。
この銀行の口座を持っていれば、最短当日融資も可能となっています。
イオン銀行の口座を持っているという人で、すぐにお金が必要という場合には、すぐに助けてくれる存在です。
この銀行が提供しているカードローンBIGの金利は、年3.8%〜13.8%となっていて、専業主婦が利用できるカードローンの中でも低金利で借り入れをすることが出来ます。
イオン銀行のATMなら手数料無料となっているので、いつもイオンを利用して買い物をしている人は申し込みを考えてみてはいかがでしょうか。

 

3-2.配偶者貸付で利用できるおすすめの楽天銀行カードローン

配偶者貸付が利用できることで人気がある銀行が楽天銀行です。
この銀行は専業主婦でも利用できることをアピールしていることもあり、専業主婦でも安心して申し込むことが出来る銀行です。
この銀行では、楽天銀行の口座がなくてもカードローンを利用することが出来ます。
ローンカードを持っていれば、手数料無料のコンビニATMでいつでも借り入れをすることが出来ます。
返済では、今持っている口座からの引き落としとなるので、返済忘れなどもなく安心して利用することが出来ます。
口座開設が必要ないとなると、ATMなどを利用して返済することが多くなるのですが、この返済方法では返済日を忘れていて、返済が遅れてしまうという心配がありますが、この銀行では自動口座引き落としとなるので安心です。