専業主婦でも借りられる消費者金融

1.パートでも収入があれば専業主婦でも借りられる消費者金融はある

お金を借りたい、と考えた時にネックになるのが収入があるかどうかです。
原則として、無収入の人は消費者金融、銀行に関わらずローンを組んだり、その他融資を受けることはできません。
そのため、専業主婦の場合には一部金融機関を除いて借金をすることは難しいでしょう。
しかし、消費者金融、銀行の中にはパートやアルバイトなどで、少しでも収入があれば貸付をしてくれるところもあるため、諦めずに審査の条件が緩いところを探してみると良いでしょう。
実際、最近では学生向け、専業主婦、主婦向けカードローンという商品も出てきているため、昔よりも貸付条件はかなり簡単になっています。

 

1-1.無職で年金などの収入も全くない主婦は消費者金融では借りられない

カードローンには、大きく分けて2種類のものがあります。
一つは、銀行が出している銀行系カードローンで、もう一つは消費者金融や信販会社といった、銀行以外が出しているノンバンク系カードローンです。
銀行系カードローンとノンバンク系カードローンの違いを簡単に言うのであれば、それは貸金業法の総量規制がかかってくるかどうかです。
この違いはとても重要で、総量規制がかかってくるかどうかで無収入の人でも融資を受けられるかどうかが変わってきます。
総量規制はノンバンク系カードローンを利用するときにかかってくるため、収入の無い専業主婦は消費者金融からお金の借入をおこなうことができません。

 

1-2.貸金業法に基づく総量規制とは

総量規制についてもう少し詳しく説明していきたいと思います。
先ほど、総量規制がかかると無収入の人はお金を借りることができないと述べましたが、より具体的に説明すると、貸金業法の総量規制は「その人の年収の3分の1以上の額を借入れることができない」とする制限のことを指します。
つまり、例えば年収が300万円の人はノンバンク系カードローンを利用した場合には100万円までの融資しか受けることができません。
この制限があるからこそ、無収入の人はお金を借りることができないのです。
ただし、専業主婦の場合であっても配偶者貸付制度というものを利用することで消費者金融から融資を受けることができることもあります。

2.専業主婦でも借りられる消費者金融は無いが銀行系カードローンなら借りられる!

専業主婦の場合には、配偶者貸付制度を用いない限りは消費者金融からお金を借りることができません。
しかし、貸金業法ではなく、銀行法を基にお金の融資を行っている銀行であれば話は別です。
銀行には総量規制がかからないため、銀行系カードローンを利用するのであれば法的にはいくらでも借入れを行っていても問題はありません。
しかし、現実として、専業主婦に対して銀行は融資を行わないか、行うにしても少額融資になるため100万円単位の借入はできないと考えておいた方が良いでしょう。

 

2-1.無収入の主婦でも配偶者貸付を利用すればお金を借りられる

専業主婦の場合には、基本的には銀行系カードローンを選ぶことになると思います。
しかし、総量規制の例外としての配偶者貸付制度を利用してノンバンク系カードローンを利用することも可能です。
通常のカードローンの利用申請よりも多少手間はかかりますが、選ぶことができるカードローンの幅が広がるため人によっては選択肢の一つとなるでしょう。
通常であればカードローンの申請時には本人確認証のみで良いのですが、配偶者貸付制度を利用する場合には、申込時に加えて結婚証明、夫の収入証明書、配偶者の同意書などが必要になります。
ただし、配偶者貸付制度を利用すれば全ての消費者金融で借入が行えるようになるという事では無く、基本的な審査の流れは同じであるため、残念ながら審査に落ちてしまうこともありえます。

 

専業主婦 配偶者貸付

 

2-2.消費者金融と銀行カードローンの違いとは

消費者金融などが出しているノンバンク系カードローンと銀行が出している銀行系カードローンですが、両者の違いは貸金業法か、銀行法を基にして融資を行っているかである、と説明しました。
これは法的な違いですが、金利面や、融資条件の面でもノンバンク系カードローンと銀行系カードローンで異なっている点が見られます。
基本的には、金利、利用限度額の面で銀行系カードローンの方が優遇されている傾向があります。
では、全てにおいてノンバンク系カードローンは劣っているかと言うと、そういう事では無く、審査の通りやすさ、無利息期間サービスの存在など、銀行系カードローンには無いユニークな特徴を持っていることがあります。
実際に、大手消費者金融であるアコムでは、30日間の無利息サービスを提供しており、文字通り30日以内で全額返済できれば利息ゼロでお金を借りることができます。

 

2-3.銀行カードローンは総量規制対象外!低金利で借りられる?

銀行系カードローンは総量規制の対象外で、さらに金利が低い、ということを先ほど説明しました。
そのため、専業主婦であっても低金利で融資を受けられる可能性があります。
ただし、銀行側もボランティアではないため、収入が無い専業主婦相手には融資をしないか、あるいは銀行系カードローンであっても高い金利を課したり、と厳しい条件での融資を持ち出してくることがほとんどでしょう。
実際、一般向けカードローンを専業主婦が無条件に利用できた例はあまり聞いたことが無く、基本的に専業主婦向けカードローンなどを選ぶことになるかと思います。
専業主婦向けカードローンになってしまうと、低いキャッシング枠、高金利など、消費者金融とあまり条件が変わらないため契約前に注意した方が良いでしょう。

 

2-4.夫に内緒で借りられるから人気!

銀行系カードローンであっても専業主婦向けカードローンの場合には、利用上限は低いし、金利は高いしであまり利用するメリットが無いように思えてきますよね。
しかし、専業主婦向けカードローンには他のカードローンには無い魅力というものもあります。
例えば、家族、特に夫にカードローンの利用がバレないように会社が配慮してくれたり、月々の約定返済額が少なかったりと、専業主婦にとってありがたいサービスが特徴です。
専業主婦の中には、夫にカードローンの利用を内緒にしていたいと考える人も多いため、最近では専業主婦向けカードローンが専業主婦の間で人気になっています。
特に、専業主婦の間でおすすめできるカードローンは、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、イオン銀行が出しているカードローンで、これらは審査が緩いだけでなく、カードローンの家族バレリスクを最小限にしてくれるサービスがあります。

 

2-5.審査時に夫の職場への在籍確認の電話が無い!

基本的に、社会人がカードローンの利用申請を出した時には会社や勤務先に在籍確認の電話がいきます。
これは、現在その人が本当に働いているのか、収入があるのかを確かめるために行っています。
しかし、専業主婦向けカードローンの場合には、例え配偶者の収入に頼っていたとしても夫の職場に在籍確認の電話が行くことはありません。
これは、利用者の夫バレを防ぎたいという要望に応えたもので、在籍確認の電話が無いことによってカードローンの利用がバレてしまうリスクをグッと抑えることができています。
また、専業主婦向けカードローンは自宅への電話や、郵送物なども控えています。
郵送物が無いという事で、どうやってカードローンを利用するのか?ですが、例えば三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」では、新たにカード発行をするのではなく、持っているキャッシュカードでカードローンの利用ができたりします。
そのため、新たにカード受取をする必要も無くスムーズに取引まで進むことができます。

 

2-6.総量規制対象外の配偶者貸付でお金を借りている専業主婦の口コミ体験談

「夫の収入だけでは少し生活が苦しいため、生活費のためにカードローンを利用したいと考えました。銀行系カードローン、ノンバンク系カードローンがありますが、夫にカードローン利用の許可がもらえたため、配偶者貸付制度を利用してノンバンク系カードローンを使おうと思いました。ノンバンク系カードローンを選んだ理由は、無利息期間サービスがあるからで、基本的に少額での借入が多いと思ったため期間内で完済すれば無利息になるこのサービスに魅力を感じました。アコムとプロミスを利用していますが、どちらもとても満足いくサービスを提供していて、これからも使い続けたいと思います(40代女性・主婦)」