専業主婦でも借りられる銀行カードローン

1.専業主婦でも借りられる銀行カードローンを徹底解説!

よく、「収入は無いけどカードローンでお金を借りたい。」という悩みを持った専業主婦がいます。
しかし、多くの人は収入が無ければカードローンが使えないと決めつけそのまま諦めてしまいます。
結論を言うと、専業主婦であっても選択肢の数は限られてきますがカードローンを利用できる可能性は大いにあります。
具体的には、イオン銀行や楽天銀行といった、銀行が出している専業主婦向け銀行系カードローンであれば十分利用審査に通ります。
なぜ収入が無いのにカードローンを利用できるのでしょうか?
次にその説明をしたいと思います。

 

1-1.専業主婦で収入がないのにカードローンを利用できる理由

カードローンには、大きく分けて、銀行が融資をしている銀行系カードローンと、アコムやプロミス、レイクといった消費者金融、信販会社が貸付を行っているノンバンク系カードローンの2つがあります。
両社の大きな違いとしては、どの法律を基準にして融資を行っているかです。
ノンバンク系金融業者は貸付業法という法律の上で融資を行っており、これには総量規制(顧客の3分の1以上の貸付をしてはいけないとする制限)がかかってきます。
これに対して銀行系業者は銀行法という異なる法律の下でお金を貸しているため、総量規制対象外となっています。
そのため、銀行が収入の無い専業主婦に融資をすることは法的に禁じられていないのです。
ただし、配偶者貸付制度を利用することで例外的に専業主婦であってもノンバンク系金融会社から融資を受けることもできます。

 

1-2.利用限度額は制限される場合も

専業主婦であっても銀行系カードローンであれば利用することができますが、利用時には一般利用者よりも制限が付けられる可能性はあります。
例えば最大金利での融資となっていたり、利用限度額が10万円程度に抑えられていることがあります。
しかし、これは収入の無い人に融資をする際のリスクを見据えてのことなので仕方がないとも言えます。
また、どのような銀行系カードローンであっても利用することができる訳ではなく、利用できるのは主に専業主婦向けカードローンと謳っているものに限定されることがほとんどです。

 

1-3.条件次第では即日融資も可能

専業主婦であっても即日融資が可能な場合もあります。
一般的な条件としては、当銀行に口座を持っており、尚且つ午前中にカードローンの利用申請を出している場合です。
利用するカードローンの銀行に預金が入った口座を持っていると、信用度という観点から審査で有利になったり、即日融資を受けられるようになります。
具体的な例で説明すると、楽天銀行に口座を持っていると楽天銀行スーパーローンの利用審査に通りやすくなり、即日融資も簡単に受けられるようです。
もちろん、これらの扱いは各銀行によっても異なるため事前にリサーチが必要です。

2.カードローン審査のポイント

銀行系カードローン、ノンバンク系カードローンに関わらず、審査時に見られるポイントは2点、個人信用情報とカードローンの申し込み時に提出した書類です。
個人信用情報とは、申込者のクレジットカード利用歴、各種料金の払い込み状況、借入総額、借入件数の情報で、主に個人信用会社が集めた顧客情報が参照されます。
信用情報が、所謂ブラックリストに入れられていた場合にはこの段階で審査に落とされてしまいます。
また、申し込み時に提出した書類に虚偽情報が無いかどうかも審査の結果を左右する一因となっています。
これに関しては下で詳しく説明していきたいと思います。

 

2-1.虚偽の申告や複数社の同時申込はNG!

収入や借入総額、借入件数に関しては見栄などが働き虚偽の記載をしてしまう人がいますが、これは絶対に避けた方が良いです。
実は、カードローンの申し込み時に提出した情報は個人信用情報を照合すればすぐに嘘か本当か分かってしまいます。
カードローン会社は顧客が正直に情報を伝えているか、信頼できるかどうかも申込書から判断しているため、信頼を裏切るような記載は避けるべきです。
また、複数のカードローン会社に利用申請を出すことも止めた方が良いでしょう。
複数の申し込みを同時に行うと、その人はお金に困っているのではないか、返済は大丈夫なのか、と必要以上に疑われてしまうため審査の際にマイナスに働いてしまいます。

 

2-2.基本的に在籍確認なし!夫に内緒で利用できる

専業主婦向けカードローンの特徴として、在籍確認の電話が無い、夫の同意書が必要でない、そして収入証明が不要、などが挙げられます。
専業主婦でカードローンを利用したいと考えている人の多くは、夫に内緒で借入を行いたいと思っているらしく、このニーズに応えたサービスが人気となっています。
実際、郵送物などを無くし、在籍確認も無く、そして業者によっては専用のカードではなくキャッシングカードと一体型のものにしてくれるなど、夫バレリスクを可能な限り抑えてくれます。
ただし、あまりにも滞納を続けていたり、悪質なカードローン利用者に対しては自宅への督促状、電話、そして極端なケースでは配偶者の勤め先にまで電話が行ってしまうこともあるため、夫に内緒でカードローンを利用したいのであれば最低限の返済は必ず行わなくてはなりません。

 

専業主婦 銀行カードローン 内緒

3.専業主婦でも借りられる銀行カードローンのおすすめ業者!

専業主婦でも利用できてオススメのカードローンとして、楽天銀行スーパーローンとイオン銀行カードローンが挙げられます。
どちらも毎月の最低約定返済額が低いということ、審査に通りやすいという特徴があります。
具体的には、楽天銀行スーパーローン、イオン銀行カードローンで融資を受けた場合の約定返済額は3,000円〜となっており、家計に負担をかけない額となっています。
もちろん、家計に余裕がある時は約定返済以外にも任意返済を使ってどんどん返済を進めていくこともできます。
一つ注意しなくてはならない点として、専業主婦向けカードローンは審査が緩く約定返済額が低い一方で、最終的にかかってしまう利息が高くなってしまう傾向があります。
無駄な利息を払わないためにも、借りたお金は迅速に返すようにしましょう。

 

3-1.使い勝手の良いみずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行に口座を持っている人限定ではありますが、みずほ銀行カードローンも専業主婦にとって使いやすいカードローンとなっています。
特に、みずほダイレクトに既に登録が完了している場合には、来店不要、郵送でのやり取り不要のネット完結申請が利用できます。
インターネットを通して申込みをし、その後に電話での本人確認だけ行えばカードローンの利用が可能になります。
午前中に申請を完了していれば午後からの即日融資も受けられるため、急にお金が必要になった時も安心です。
ただし、他の専業主婦向けカードローンと違い、みずほ銀行カードローンは約定返済の最低額が10,000円〜となっているため、家計を圧迫してしまう可能性があります。
その点だけ注意しておきましょう。

 

3-2.口コミで話題のバンクイックの特徴

バンクイックは三菱東京UFJ銀行が出しているカードローンで、これまた使いやすいと専業主婦からの人気がとても高いことで有名です。
専業主婦が使えるのにも関わらず金利が14.6%と他社のものと比べてお得であることに加えて、月々の最低返済額が2,000円〜なので自分のペースで返済を進めていくことができます。
しかし、いくら金利が低くても毎月の返済を約定返済だけにしておくと最終的にかかる利息も大きく膨らんでしまう可能性があります。
バンクイックを利用すると、月々の返済額が低いことから多く借入をしてしまう傾向がありますが、自制して本当に必要な分だけ借りるようにして、借りたお金は任意返済も使ってすぐに返すようにしましょう。