専業主婦 カードローン 審査

1.消費者金融と銀行カードローンの審査内容とは

よく消費者金融は審査が甘く、銀行は審査が厳しいと言われます。
そのため、専業主婦が利用できるカードローンを、銀行に申し込むのをためらう人もいるのではないでしょうか。
しかし、大手銀行では消費者金融を傘下としているところもあり、その消費者金融を保証会社としているところもあります。
銀行カードローンでは、審査をこの保証会社がするため、消費者金融が審査をするのなら審査は甘いのではないかと思ってしまいます。
しかし、銀行の特徴である金利の低さから、多少は銀行の方が審査は厳しくなると考えられます。
銀行だからといって特別厳しいというわけでもなく、安定した収入があり、過去の利用実績に問題がなければ、銀行でも十分に審査に通る可能性はあります。

 

1-1.お申し込み審査の流れと契約できる場所

申し込み方法には、窓口で申し込む方法や自動契約機、郵送や電話、インターネットなどの方法がありますが、この申し込み方法によって、申し込みや審査の流れ、契約できる場所に違いがあります。
窓口や自動契約機では、その場で申込書を記入し審査を受けることになり、審査に通ればその場で契約をすることが出来ます。
電話では、オペレーターの質問に答えていくと申し込みを済ませることができ、そのまま審査に入ります。
郵送では申込書を記入して返送すると審査に入りますし、インターネットでは公式サイトで、申し込みフォームから必要事項を入力し送信をすることで審査に入ります。
電話や郵送、インターネットでは通常契約書が郵送されますし、これらの方法でも、窓口や自動契約機を利用して契約をすることも可能です。

 

1-2.銀行系カードローンの審査時に必要な書類

銀行系カードローンの審査をするときに必要になる書類が本人確認書類と収入証明書です。
これらの書類はカードローンの申し込みで必要になる書類なので、申し込みを考えた時には、書類が揃っているかを確認することが大切です。
申し込みを済ませれば、出来るだけ早く審査結果を聞きたいと誰でも思うのではないでしょうか。
審査を円滑に進めるためには、これらの書類が重要となり、もしすぐに提出できなければ、これらの書類が揃うまで審査を進めることができず、それだけ審査も長引くことになります。
このようなことがないように事前の準備は大切です。

 

カードローン 必要書類

 

1-3.本人確認書類と収入証明書とは

本人確認書類として利用できる書類としては、運転免許証や各種保険証、パスポートや住民基本台帳カード、公的証明書や個人番号カードなどがあります。
この本人確認書類と氏名や現住所が違うという場合には、公共料金の領収書や住民票の写し、印鑑証明書などが必要になる場合もあります。
収入証明書は、源泉徴収票や給与明細書、確定申告書や課税証明書、納税証明書などがあります。
課税証明書は、役所の窓口で手続きをすればもらうことが出来ますし、納税証明書は管轄している税務署で発行してもらえます。
この納税証明書は郵送での請求も可能です。

2.配偶者貸付は総量規制対象外だから主婦も利用可能!

家計をやりくりする専業主婦にとって、急な出費はとても痛い出費です。
ある程度余裕がある人ならすぐに対応できるかもしれませんが、ぎりぎりの生活をしているのに、冠婚葬祭によって出費が重なってしまうと、今月はどうしようもないような状況に陥ることもあります。
このようなときに便利なのがカードローンです。
カードローンさえ利用出来れば、とりあえず急な出費もすぐに支払うことができ、月々の返済さえできれば、問題なく痛い出費も解決することが出来ます。
この銀行の配偶者貸付は、消費者金融と違い総量規制対象外なので、専業主婦でも利用でき強い味方となってくれます。

3.主婦から人気のあるおすすめの銀行系カードローン会社!

銀行は専業主婦には強い味方となってくれるのですが、銀行だからといってどこでも味方というわけではありません。
まずは、専業主婦の強い味方となってくれる銀行選びをすることが大切です。
専業主婦の味方となってくれる銀行としておすすめなのがみずほ銀行、イオン銀行、楽天銀行です。
これらの銀行は、専業主婦にとって味方となってくれる銀行で、カードローンを便利に利用することが出来ます。
銀行選びでは、カードローンが利用できるようになってからのことも考えておくことが大切です。
急にお金が必要な時には、そのような余裕もないという人もいるかもしれませんが、そんな時こそ冷静に銀行選びをすることが大切です。

 

3-1.みずほ銀行カードローンの限度額や金利、返済方法

みずほ銀行のカードローンの限度額は、銀行業界の中でも最高水準の1,000万円となっています。
しかし、専業主婦の場合は最高で30万円までの借り入れとなっているようです。
金利はコンフォートプランで3.5〜14.0%となっていて、専業主婦の借り入れでは14.0%が設定されると考えておく必要があります。
このみずほ銀行での返済方法は口座引き落としのみとなっています。
口座引き落とししかないことで利便性に欠けると思う人もいるようです。
口座引き落としは、返済忘れの心配もありませんし、わざわざATMまで出かける必要はありません。
毎月の返済は口座引き落としがされるのですが、任意で返済するという場合には、ATMを利用して返済することも可能です。

 

3-2.イオン銀行カードローンの限度額や金利、返済方法

イオン銀行のカードローンBIGでは年3.8〜13.8%の金利となっています。
限度額は専業主婦の人の場合50万までの借り入れが可能となっています。
イオン銀行も返済方法としては口座引き落としとなります。
任意返済ならATMを利用することも可能です。
みずほ銀行もイオン銀行も口座引き落としの返済方法しかないことで不便さを感じる人もいるかもしれませんが、この二つの銀行では専業主婦に嬉しいサービスを利用することが出来ます。
それが自動融資サービスです。
これらの銀行口座を利用して、公共料金や携帯料金などの支払いをすれば、もし残高不足の場合でも自動的に融資をしてくれ、残高不足によって支払いが出来なかったという状況を回避してくれます。

 

3-3.楽天銀行カードローンの限度額や金利、返済方法

楽天銀行のスーパーローンでの金利は4.9〜14.5%で、限度額は最大500万円までとなっていますが、専業主婦の場合には50万円までとなっています。
返済方法では、この銀行も口座引き落としのみとなっていますが、楽天銀行の口座だけでなく、他行の口座を利用して返済することが出来ます。
この銀行は専業主婦の人でも利用できる銀行として知られていて、多くの専業主婦が利用しているようです。
また、コンビニATM手数料が無料なのも魅力です。
専業主婦の人の場合、少額の借り入れを何回もするという人も多くいます。
この何度も借り入れをするたびに手数料を支払っていたのでは、年間にすればかなりの金額となってしまいますが、この銀行のようにコンビニATM手数料が無料なら、いつでも必要な分だけの借り入れを気楽にすることが出来ます。

4.実際にカードローンを利用している専業主婦の口コミ体験談

専業主婦で、イオン銀行カードローンBIGを利用したという人の声を見ることが出来ました。
この人がこのカードローンを利用した理由が、ネットショッピングで、自分の操作ミスによって高額商品を購入してしまい、家計がピンチになってしまったようです。
自分のミスということもあり、夫には内緒で借りられる銀行を探していて、このイオン銀行に巡り合ったとのことでした。
最近では、多くの人がネットショッピングを利用しています。
しかし、不慣れな時には入力ミスなどによって、誤って希望していない商品を購入してしまう人もいるようです。
このようなときでも、専業主婦でも利用できる銀行は強い味方となってくれます。