専業主婦 カードローン 限度額

1.専業主婦も利用できる銀行系カードローンとは

専業主婦でも利用できる銀行はいくつかありますが、その銀行のカードローンの限度額を見ると、最大数百万円となっていたり、中には1,000万円となっているのを見て、多くの融資が受けられると感じる人もいるのではないでしょうか。
しかし、これらの限度額は、本人に安定した収入がある場合で、専業主婦の場合には、30万円や50万円の限度額になると考えておくことが大切です。
どこの銀行でも、専業主婦にこれ以上の融資をするところはまずありません。
専業主婦の場合には、自分には収入がなく、配偶者の収入によって借りられるということを忘れてはいけません。

 

カードローン 専業主婦 限度額

 

1-1.消費者金融と銀行カードローンの違い

消費者金融と銀行とでは法律が違うということをご存知でしょうか。
消費者金融と銀行は同じ金融機関ですが、消費者金融は貸金業法、銀行は銀行法が適用されています。
この法律によって、専業主婦への融資も違ってきます。
消費者金融では、原則収入のない専業主婦には融資は出来ません。
これは貸金業者に適用されている総量規制によるものなのですが、この総量規制には例外も設けられ、配偶者に安定した収入があり、配偶者の同意が得られる場合には、専業主婦でも融資が出来ることになっています。
銀行では、貸金業者ではないため、総量規制対象外となり、配偶者の同意がなくても融資は可能となっています。

 

1-2.配偶者貸付の利用限度額とは

配偶者貸付の利用限度額は、利用する金融機関が消費者金融か銀行によって違いがあります。
銀行では、あらかじめ専業主婦には30万円、50万円といった最大限度額が決められています。
そのため、その最大限度額以上の借り入れは出来ません。
しかし、消費者金融の総量規制の例外として認められている配偶者貸付を利用した場合には、配偶者の年収の3分の1までの借り入れが可能となっていて、年収次第では多くの借り入れも可能です。
ただ、この消費者金融の配偶者貸付は、ほとんどの消費者金融で利用できないため、専業主婦の人が消費者金融の配偶者貸付制度を利用するのは難しい状況です。

 

1-3.貸金業法の融資総量規制対象外だから便利!

消費者金融でも専業主婦への融資は可能となっているのですが、多くの消費者金融がこの配偶者貸付制度を採用していません。
消費者金融は、消費者にとって身近な金融機関なのですが、専業主婦にとっては利用が難しい金融機関です。
しかし、銀行の場合には総量規制対象外となり、専業主婦の味方となってくれる銀行も多くあります。
そのため、専業主婦がカードローンの利用を考えた時には、まず銀行に申し込みをすることが大切です。
専業主婦の借り入れとなると夫に内緒にしたいという人も多くいますが、銀行なら夫に内緒で借りることも出来ます。

2.配偶者の収入によって変化する利用限度額

専業主婦が銀行でカードローンを利用する場合には、専業主婦の最大限度額である、30万円や50万円に設定されると考えておく必要があるのですが、誰でも最大限度額が利用できるようになるわけではありません。
申込者によっては、最大50万円となっている銀行でも10万円となる場合もありますし、中にはそれ以下の場合もあるかもしれません。
なぜこんなに差が出るのかと思う人もいるかもしれませんが、それは配偶者の収入が大きく影響するからです。
あくまでも配偶者貸付は、配偶者の収入があることで融資をするというもので、この収入が基準となり利用限度額も決められることになります。

 

2-1.借入審査時に必要な本人確認書類と収入証明書

カードローンを利用するときに必要となる書類が本人確認書類と収入証明書です。
本人確認書類は、申し込みをする専業主婦の方の本人確認書類となり、収入証明書は配偶者のものが必要となります。
銀行によっては、本人確認書類だけでも申し込みが出来るところもあるのですが、収入証明書も添付することで、審査に通りやすく、利用限度額も高めに設定される可能性があると考えられます。
カードローンを初めて利用するという人は、金融機関にとっては不安要素も多いものです。
本当に確実な返済をしてくれるのか、申込書に記入されたことが正確な情報なのかと不安を感じます。
この時に、収入証明書も添付することで、収入に対してしっかりと確認することができ、金融機関も安心して融資が出来ます。

3.借入審査を申し込める場所

カードローンの申し込みをするときには、多くの人がインターネットや無人契約機を利用して申し込みをしています。
無人契約機なら、その場で申し込みをしてカード発行までしてもらえることから、カードを利用して即日融資希望という人には最適な申し込み方法です。
また、インターネットでは、スマートフォンなども利用できることから、自宅だけでなく場所を選ばず申し込めるのがメリットと言えます。
このように、カードローンは借入審査や申し込める場所を選ばず利用することができ、専業主婦の人でも利用しやすく、身近なものとなっています。

 

3-1.無人契約機とインターネット契約の流れを解説

無人契約機では、まず必要な書類を用意して無人契約機まで出かけます。
無人契約機と聞くと難しい機械操作をしなければいけないのかと思う人もいるかもしれませんが、誰でも利用しやすい操作となっていますし、もし操作がわからない場合でも、備え付けられている電話などを利用してスタッフから説明をしてもらえるので安心です。
必要書類なども、その機械を通して提出することが出来ます。
申し込みを済ませれば、そのまま審査に入り、その場で結果を聞くことができ、契約を済ませればその場でカード発行してもらえます。
インターネットでは専用のフォームに必要事項を入力します。
必要書類はFAXや携帯などのカメラ、専用アプリからの提出が可能で、審査に通れば口座にお金を振り込んでもらえます。

4.主婦に人気のある楽天銀行カードローン

楽天銀行は主婦の人に人気のあるカードローンとなっています。
この人気がある理由が、専業主婦でも利用できることをはっきりと明記をしているという点が挙げられます。
銀行によっては、表向きには安定した収入がなければ申し込めないことになっていても、電話で確認をすると専業主婦でも利用できるといった銀行もあります。
しかし、このような銀行は専業主婦の利用をあまり歓迎していないと考えられ、申し込んだとしても審査に通るのは難しいと言えます。
楽天銀行のように、専業主婦でも歓迎といった銀行は、専業主婦が申し込んでもしっかりと審査した上で利用できるような人なら、すぐに融資をしてくれます。

 

4-1.使い勝手の良いみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンでは、キャッシュカードと兼用のローンカードを利用することが出来ます。
キャッシュカードとローンカードを二枚持っていると、紛失の可能性もありますし、すでに財布の中にはカードがたくさんあり、あまり増やしたくないという人もいるのではないでしょうか。
みずほ銀行に口座を持っている人でも、カードを増やすくことなく、カードローンを利用することが出来ます。
また、みずほ銀行では本店宛の振り込みなら手数料が無料になりますし、コンビニATM時間外手数料なども月に4回までなら無料となります。
自動融資といううれしいサービスもあり、使い勝手の良いカードローンとなっています。

 

4-2.口コミでも話題のイオン銀行カードローン

イオン銀行の口コミでは、口座引き落としの支払いで、一度残高不足の時があったけど、自動融資をしてくれていて金融事故にならなかったといった声を見ることも出来ます。
いつもは返済日などを気にして、口座には必ずお金を入れるようにしていても、忙しいと確認するのを忘れていたり、どうしてもお金が足りずに口座にお金を入れることが出来なかったということも起こります。
イオン銀行のカードローンが利用でき、イオン銀行口座から引き落としをしてもらうようにしておけば、このような状況になった場合でも、利用限度額に余裕があれば自動的に融資をしてくれます。