カードローン 金利

1.専業主婦が利用出来る銀行カードローンの金利

専業主婦でも利用できる銀行の金利を見ると、イオン銀行では年3.8%〜13.8%、新生銀行レイクでは年4.5%〜18.0%となっています。
専業主婦の場合は借入額が少なく、最大金利が設定されることから、13.8%と18.0%を比べることになり、この金利に大きな差があると感じるのではないでしょうか。
約4%の差があり、この金利差によって毎月の返済で支払う利息も大きく変わることになります。
そのため、専業主婦でも利用できるかどうかも重要なのですが、金利もしっかりとチェックして、お得にお金を借りることも考えることが大切です。

 

カードローン 金利

 

1-1.銀行カードローンの利息を含めた毎月の返済額

各カードローンによって、利息を返済額に上乗せして支払う場合と、返済額に含めて支払う方法の2種類あります。
返済額に利息が含まれている場合には、毎月の返済額が一定になり、毎月の返済がどのくらいになるかわかりやすいというメリットがあるのですが、この返済では、なかなか借金が減らないというデメリットがあります。
例えば、毎月返済額が1万円だとしても、1万円の中に5,000円分の利息を含めて支払っているのなら、毎月5,000円しか借金が減らないことになります。
カードローンの利用では、この点も注意して、繰り上げ返済などを利用して少しでも早く完済することが大切です。

 

1-2.配偶者貸付での利用限度額とは

銀行の配偶者貸付の利用限度額は、各銀行によって違うのですが、30万円か50万円と考えておいて間違いないようです。
多くの銀行がどちらかを最大限度額して設定しています。
この利用限度額では、そのカードローンの最大金利が設定されると考えておく必要があります。
カードローンの金利は、利用限度額によって決まります。
利用できる限度枠が多く設定されるとそれだけ金利も低く設定され、限度枠が少なければ、金利は高く設定されることになります。
誰でも少しでも金利が低いほうがいいので、多くの限度額に設定してもらいたいと思うのですが、専業主婦の場合には、限度額が低い設定になるため、高い金利によって利用することになります。

2.審査後は指定銀行口座に即日振り込み融資が可能!

カードローンを申し込むときに便利なのがインターネットです。
インターネットなら、近くに自動契約機がないという人でも即日振込を利用して、すぐにお金を手にすることが出来ます。
銀行によっては、その銀行口座さえ持っていれば、審査後に指定口座に即日振り込み融資をしてくれるところもあります。
今月は家計がピンチで、支払い口座にお金を入れることが出来ないという時でも、このような即日振り込みが可能な銀行に申し込むことにより、このピンチを自宅に居ながら回避することが出来ます。
家計を守る主婦は、このような賢い利用も身につけることも必要になると言えるのではないでしょうか。

 

2-1.無利息サービスを利用して便利に活用!

大手消費者金融では当たり前となっている無利息サービスですが、銀行でも利用できるところはあります。
この無利息サービスは、通常初回限定となるのですが、今まで利用していなくて、数日後にはまとまったお金が入ってくる予定があるという人にはぜひ利用していただきたいサービスです。
銀行では新生銀行レイクがこの無利息サービスを提供しています。
レイクと聞くと消費者金融というイメージがありますが、2011年10月に新生銀行に事業譲渡し、銀行として事業をしています。
このレイクのサイトを見ると、安定した収入があることが利用条件となっていますが、専業主婦でも配偶者貸付が利用できるようなので、短期間で返済できるという人は無利息サービスをうまく利用してみてはいかがでしょうか。

3.主婦に人気で口コミでも話題のおすすめカードローン!

口コミで主婦に人気のあるカードローンは、はっきりと専業主婦でも利用できることを謳っている銀行のようです。
多くの主婦の人が、主婦ではお金を借りることが出来ないのではないかと不安を感じています。
消費者金融では総量規制があるために利用できず、どうしようかとサイトを確認すると専業主婦でも利用できる銀行を見つけて利用したという声もあります。
このように、専業主婦におすすめできるカードローンは、専業主婦でも利用できるとはっきりと明記をしている銀行です。
このような銀行はいくつかあり、はっきりと明記している銀行の中で利用しやすいところを選ぶことをおすすめします。

 

3-1.みずほ銀行カードローンの商品概要説明書の内容とサービス情報

みずほ銀行のサイトでは、カードローンの商品概要説明書を見ることが出来ます。
この商品概要説明書には、商品名やご利用いただける方、資金使途やプラン、ご利用限度額や取引期間、担保・保証人など、カードローンを利用する上で知っておくべきことや、知りたいことがわかりやすく紹介されています。
みずほ銀行カードローンの商品概要説明書のご利用いただける方を見ると、「ご本人さまに収入がない場合、配偶者に安定かつ継続した収入がある方は、ご利用限度額30万円を上限にお申し込みいただけます。 」とあります。
このことからも、専業主婦の人でも利用でき、限度額は30万円ということが確認することが出来ます。

 

3-2.オリックス銀行カードローンの商品概要説明書の内容とサービス情報

オリックス銀行カードローンでは、商品説明書としてサイトで確認することが出来ます。
オリックス銀行カードローンの商品説明書でも、商品名からご利用いただける方、資金の使い道やご契約期間、ご利用限度額やお借入利率など、カードローンの詳しい情報を確認できます。
この商品説明書のご利用いただける方を見ると、原則、毎月安定した収入のある方と明記されています。
この条件を見ると、専業主婦では利用できないのではないかと感じますが、この銀行を紹介しているサイトでは、実際に連絡して聞いてみると専業主婦でも利用できると紹介されています。
しかし、条件を見る限りでは、専業主婦を歓迎しているようには見えないことから、審査は厳しいと考えておく必要があります。

 

3-3.楽天銀行カードローンの商品概要説明書の内容とサービス情報

楽天銀行も、公式サイトで商品概要説明書を見ることが出来ます。
この商品概要説明書のお申込みいただける方を見ると、「お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方」と書かれていて、専業主婦でも借りられることがしっかりと明記されています。
この商品概要説明書のご利用限度額を見ると、専業主婦の方については、ご利用限度額は50万円となりますと書かれています。
また、ご借入利率では、10万円以上100万円未満では14.5%となっているので、専業主婦の借り入れでは50万円までの利用限度額で、金利は14.5%ということが確認できます。

4.実際にカードローンを利用している主婦の口コミ体験談!

みずほ銀行を利用した専業主婦の人の口コミでは、友人の結婚式が一気に重なってしまい、披露宴に参加するドレス代などで15万円以上の出費が必要になり利用したという人の声を見ることが出来ました。
この人の場合は、夫のボーナスで完済したようですが、少しの期間でもやはり利息が高いと感じたそうです。
金利が低いことで知られている銀行でも、14%程度の金利となっているため、多くの借り入れをすると毎月の利息がとても高いものとなります。
ただ、緊急でお金を借りられるので不満はありませんと言っていて、金利は高いですが、この利便性を考えればこの金利は仕方ないと言えるのではないでしょうか。