専業主婦 カードローン 在籍確認

1.専業主婦が夫に内緒でカードローンを利用出来る?

専業主婦の人にとっては、カードローンを利用したいけど、夫にバレるのなら利用することは難しいと思っている人もいるのではないでしょうか。
銀行でのカードローンなら内緒で借りることは可能です。
この夫にバレる心配があることとしては、金融機関から送られてくる郵便物や銀行からの連絡が考えられます。
今まで利用していなかった金融機関から郵便物が送られてくれば、なぜ利用しているのかと疑いをもたれてしまいます。
しかし、この点はいつも家にいる専業主婦の人なら問題ないという人も多いのではないでしょうか。
ただ、電話での連絡は注意が必要です。
延滞などをして、夫が家にいる時間帯に連絡が入れば、夫にバレる心配もあり、毎月の支払いは確実にすることが大切です。

 

カードローン 専業主婦 内緒

 

1-1.専業主婦がお申し込みできる銀行系カードローンとは

今まで消費者金融の借り入れしかしたことがないという人にとっては、銀行系カードローンと聞くと、審査が厳しいのではないかと思う人も多いのではないでしょうか。
また、今まで金融機関からお金を借りたことがないという人でも銀行と聞くだけで、専業主婦では相手にしてもらえないのではないかと思ってしまいます。
しかし、銀行は専業主婦に優しい金融機関と言えます。
消費者金融で、総量規制の例外を利用して融資を受けるとなると配偶者の同意が必要となり、夫に内緒で借りることは難しくなります。
しかし、銀行では夫の同意書は必要なく融資をしてくれます。

 

1-2.配偶者貸付サービスを徹底解説!

銀行でお金を借りる場合には配偶者貸付を利用することになります。
通常は、申し込み者本人の収入や借り入れ状況をもとに審査することになるのですが、収入のない専業主婦が利用できる配偶者貸付は、配偶者の収入によって融資が受けられるというものです。
そのため、夫に内緒で借りることは不可能ではないかと考える人もいるようですが、銀行では専業主婦というだけで信用が得られると考えられます。
専業主婦として生活をするためには、夫にある程度の収入がなければ生活は出来ません。
そのため、専業主婦であるという確認が取れるだけで、一定の融資を受けられることになります。

 

1-3.貸金業法の総量規制対象外とは

専業主婦が夫に内緒で借りられる理由に、銀行では銀行法が適用されるという点が挙げられます。
消費者金融では貸金業法によって事業をしているため、総量規制の対象となっています。
この総量規制では収入のない人には原則融資は出来ないことになっています。
専業主婦に限っては配偶者に安定した収入があれば融資は受けられるのですが、配偶者の同意書が必要になりますし、ほとんどの消費者金融では、この配偶者貸付を採用していないという現状があり、専業主婦は利用が難しくなっています。
銀行ではこの総量規制対象外となっているため、配偶者の同意書も必要なく、夫に内緒で融資も受けることが出来ます。

2.配偶者貸付制度を利用したお申し込み方法と流れを解説

配偶者貸付を利用して銀行カードローンに申し込みをする方法としては、各銀行によって多少の違いがあります。
三菱東京UFJ銀行のように、無人契約機が設置されている銀行なら、この契約機を使って申し込みをすることが出来ます。
また、主流となっているインターネットでの申し込みは、配偶者貸付が利用できる銀行ならどこでも対応しています。
その他にも、窓口まで出向いて申し込む方法や、電話や郵送といった申し込み方法も利用できます。
色々な申し込み方法が利用できるので、自分に合った申し込み方法を選択することが出来るのですが、窓口や無人契約機以外では申し込み方によっては、郵便物が届くので、夫にばれたくないという人は注意が必要です。

 

2-1.借入審査時に勤務先への在籍確認電話連絡はある?

夫にカードローンの申し込みをすることを知られたくない人にとって気になるのが、在籍確認という人は多くいます。
通常金融機関から融資を受ける場合には、申込書に記入された勤務先に本当に勤めているのかを確認するために、勤め先に電話連絡をすることになります。
この連絡は、楽天銀行では専業主婦の場合には本人確認だけというところもある一方で、在籍確認をするといった銀行もあります。
ただ、専業主婦の人が利用できる銀行では、妻が申し込みをしていることを知らせずに在籍確認をしてくれるので安心です。
どうしても不安という人は、申し込みの際にどのような確認をするのか、別な方法で対応してもらえないのかなどを相談しておくと安心です。

 

2-2.利用限度額は配偶者の収入によって変動

銀行での配偶者貸付では、通常30万円や50万円を最大限度額として設定しているようです。
この利用限度額で十分という人もいれば、不満を感じている人もいるようです。
ただ、配偶者貸付を利用したからといって誰でも最大限度額が設定されるわけではありません。
配偶者の収入や今の借り入れ状況によっては、10万円程度になったり、利用できない場合もあります。
確実に返済できると判断できなければ、銀行は融資をしてくれません。
どんなに配偶者の収入が多くても、他社からの借り入れが多いようでは、少ない限度額になっても仕方ないと言えるのではないでしょうか。

3.お申し込み時に必要な書類を徹底解説!

銀行で配偶者貸付を利用する場合には、本人確認書類と収入証明書が主な必要書類となります。
消費者金融の配偶者貸付制度を利用する場合には、本人確認書類や収入証明書以外にも、配偶者との婚姻関係を示す書類や夫の同意書も必要となります。
銀行では本人確認書類だけでも申し込めるところもあるのですが、消費者金融での配偶者貸付制度では、上記の書類を提出することが条件となっています。
このように、消費者金融では多くの書類を揃えて申し込みをする必要があります。
この書類の多さが、専業主婦にとって消費者金融ではお金を借りにくい状況を作っています。

 

3-1.本人同意書と収入証明書

消費者金融の配偶者貸付では、配偶者の本人同意書と収入証明書が必要となります。
配偶者貸付では、配偶者の収入が頼りとなるため、当然の書類とも考えられます。
配偶者の本人同意書というのは、信用情報の確認をすることに同意するというものです。
信用情報とは、信用情報機関に記録されている情報のことで、この情報を確認することで、金融機関からどの程度の借り入れがあり、今までどのような利用をしてきたのかも確認することが出来ます。
この信用情報の確認は、本来申し込み者本人に対してするのですが、この消費者金融の配偶者貸付では、配偶者の信用情報や収入証明によって、配偶者の収入をしっかりと確認した上での融資となります。

4.実際に配偶者貸付でキャッシングを利用した主婦の口コミ体験談

専業主婦の口コミでは、中小消費者金融の配偶者貸付を利用して、融資が受けられたといった声を見ることが出来ます。
収入のない専業主婦の上に、夫は仕事を変えてまだ半年程度なのに、10万円も借りられたという人の声を見ることが出来ました。
中小消費者金融では、名前も聞いたことがないといった人が多く、利用をためらう人も多いのですが、大手消費者金融よりも借りやすく、消費者の助けとなる金融機関も多く存在します。
しかし、中にはヤミ金といったところも存在することは忘れてはいけません。
ヤミ金のようなところからお金を借りてしまうと、さらに状況は悪化するだけです。
中小消費者金融を利用する場合には、しっかりと確認をしてから利用することが大切です。