カードローン 返済

1.カードローンの返済方法や借入方法を徹底解説!

専業主婦が利用しやすい銀行カードローンでの返済方法は、口座引き落としが主な返済方法となっています。
しかし、銀行によってはコンビニATMなどを利用して返済できるところもあります。
また、借入では利用している銀行のATMから提携ATM、インターネットを利用して返済することも可能です。
このように、銀行カードローンでは、返済も借入も利用しやすい環境が整っています。
24時間利用出来て、専業主婦の人でも便利なコンビニATMでも、手数料無料の銀行もあり、無駄な出費を抑えながら利用することが出来ます。
ここでは返済方法について説明したいと思います。

 

1-1.専業主婦がキャッシングできる配偶者貸付制度とは

専業主婦が金融機関から融資を受ける場合には配偶者貸付制度を利用する必要があります。
通常なら、自分の収入や借り入れ状況などを審査され、利用限度額が決まることになります。
しかし、配偶者貸付では、収入の部分は配偶者の収入によって審査されることになります。
借り入れ状況などは、基本的に申し込み者本人の信用情報を調べることになります。
もし、他社で配偶者貸付を利用して借り入れをしているといった場合には、この点も利用限度額に大きく影響すると考えられます。
消費者金融での配偶者貸付なら、申し込み者本人と配偶者の借り入れ状況を考慮して、利用限度額が決められます。

 

1-2.金融総量規制対象外だから利用限度額は配偶者の収入次第

消費者金融では、配偶者の同意を得て、配偶者の信用情報も審査対象となるのですが、金融総量規制対象外となっている銀行では、夫の同意書も必要ないことから、申し込み者本人の信用情報だけが確認されることになり、今まで金融機関を利用して借り入れをしていないという場合では、夫の収入によって利用限度額が決められることになります。
夫にそれなりの収入があり、最大限度額に設定しても問題ないと判断されると、その金融機関での配偶者貸付での最大限度額が設定されることになります。
しかし、収入が少ないようなら、希望している借り入れが出来ないこともあります。

 

カードローン 配偶者 収入

2.返済や借入方法として便利な提携ATM!

カードローンを利用するときに、利便性を感じる時が、多様な利用法です。
返済方法でも、口座引き落としだけでなく、ATMを利用して返済したいという人も多くいますし、借入の際にコンビニATMが利用出来れば、急にお金が必要となったときでも24時間いつでもコンビニでお金を手にすることが出来ます。
このように、カードローンを利用する際には、どれだけの提携ATMが利用できるのか、その提携ATMを利用する際に手数料はどのくらいなのか、提携ATMの営業時間はいつまでなのかをしっかりとチェックして、自分にとって便利に使えるカードローンなのかのチェックも大切です。

 

2-1.普通貯金口座からの自動口座引き落としも可能!

消費者金融では、ATMでの返済が主流となっているようですが、銀行の場合では、多くの人が自動口座引き落としを利用して返済しているようです。
これは、銀行のカードローンの利用条件が、口座開設をすることとなっているところが多いためです。
この自動口座引き落としのメリットは、なんといっても返済忘れがないという点です。
自分のタイミングで返済できるATMでの返済の方が、便利なように感じる人もいるようですが、返済日を忘れていたり、わざわざ返済のために出かけるのが面倒と感じることも多く、実際にATM返済をしてみるとそれほどメリットを感じていない人も多いようです。
自動口座引き落としなら、面倒さもなく安全に返済をすることが出来ます。

3.提携ATMは銀行休業日でも利用できる!

急にお金が必要になるのは、平日だけとは限りません。
休日に急にお金が必要になると、銀行休業日で、ATMを利用してお金を借りられるのかと心配になる人もいるのではないでしょうか。
とくに、初めてカードローンを利用するといった人の場合には、色々なことに対して不安を感じるものです。
銀行ATMとなると、休日には午後には利用できなくなるといったATMもあり、利用できるのかと不安になってしまいます。
しかし、多くのカードローンが提携ATMが利用できるようになっていて、休日でも24時間いつでも借り入れをすることが可能となっています。
カードローンの便利さは、このいつでも借り入れが出来るという点です。

 

3-1.気になる提携ATMの手数料は?

カードローンを利用する場合、多くの人が提携ATMを利用することになります。
自宅や買い物に利用するお店近くに、カードローンを利用している銀行が近くにあるといった場合には、その銀行のATMを手数料無料で利用できるのですが、近くに銀行がないという人がほとんどです。
このような場合には提携ATMを利用して借入をすることになるのですが、この時に気になるのが提携ATMの手数料です。
銀行の中には、提携ATM手数料をすべて無料にしているところもあるのですが、すべての銀行が無料というわけではありません。
通常提携ATMの手数料は1万円以下の取引なら108円、1万円以上の取引なら216円必要になります。

 

3-2.コンビニ提携ATMは夜も利用可能!

提携ATMは便利な存在ですが、とくに便利なのがコンビニATMです。
このATMは全国どこにでもあります。
自宅近くにもコンビニがあるという人も多いのではないでしょうか。
その近くにあるコンビニで気軽にお金を借りることが出来ます。
旅行などに出かけて、手持ちがなくなったという時でも、旅行先にあるコンビニから借り入れをすることも可能です。
このコンビニATMの特徴に、夜でも利用できるという点が挙げられます。
メンテナンスによって深夜帯の数時間利用出来な時もありますが、基本的に24時間365日利用することが出来ます。

 

3-3.提携ATMでの返済方法と画面操作方法

初めてカードローンの返済をATMでするとなると、うまくできるのかと不安を感じる人もいるのではないでしょうか。
とくに、機械操作が苦手という人の場合は不安を感じる人も多いようです。
提携しているATMなら、ローンカードを入れると専用画面が表示されるので初めての利用でも落ち着いて操作をすれば、問題なく返済をすることが出来ます。
セブン銀行のATMを利用する場合には、カードを差し込めば専用画面が表示され、カードローンのボタンを押すことで、返済か借入かを選択することが出来ます。
ローソンATMを利用する場合には、まず画面に表示されている取引開始ボタンを押して、ローンカードを入れると、カードローンのボタンが画面に表示されるので、その部分をタッチすれば返済ボタンが表示され、返済をすることが出来ます。

4.実際に提携ATMで返済を行っている主婦の口コミ体験談

楽天のスーパーカードローンを利用している専業主婦の口コミを見ると、返済もコンビニATMで出来るので、簡単なのでおすすめだと思いますといった声を見ることが出来ました。
この人は、主人の車検費用が予想外の修理代がかさみ、初めてカードローンを利用したとのことでした。
自動口座引き落としなら、返済忘れもなく、わざわざATMまで出かける必要がなく便利なのですが、自分の返済タイミングでお金を返したいという人もいるのではないでしょうか。
そんな人にとっては、ATMで返済できる銀行はとても便利です。
また、コンビニATMなら、近所の人に見られてもカードローンの返済をしているとバレることもありません。