カードローン 信用情報

1.カードローンの利用履歴は信用情報に残る?

将来住宅ローンを組んでマイホームを手にしたいと考えている人は、カードローンの利用は慎重に行うことが大切です。
カードローンの利用履歴は、信用情報として、信用情報機関に記録をされます。
この信用情報は、金融機関で融資を受けるためにはとても重要な情報です。
この情報にマイナスとなる情報が記録されてしまうと、住宅ローンなどの審査にも大きな影響を与えることになります。
そのため、カードローンの利用を考えた時には、この情報はすべて信用情報機関に記録されるということを意識して利用することが大切です。
ここでは、カードローンが住宅ローンに対してどのような影響を与えるのかを説明したいと思います。

 

カードローン 住宅ローン 影響

 

1-1.返済の延滞など金融事故は住宅ローンに不利になる

カードローンを利用していると、引き落としされる口座にお金を入れることを忘れていたり、いつもATMを利用して返済しているという人の中には、返済日を忘れていたということがあります。
このような理由で返済が遅れてしまうと、その情報も信用情報機関に記録されます。
一日や二日返済が遅れても、後で返済をすれば問題ないと思っている人もいるかもしれませんが、この返済遅れが後々住宅ローンを利用するときに大きな影響を与えることがあります。
住宅ローンはカードローンとは違い、とても大きなお金を借りることになります。
金融機関にとっては、確実に返済できるのかが重要視され、カードローンの利用で延滞などの金融事故を起こしている人には、厳しい審査をすることになってしまいます。

 

1-2.金融事故として記録されるとブラックリストになる事も

ブラックリストという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
このブラックリストとは、金融機関を利用して延滞や債務整理など金融事故を起こした人のことを指しています。
このブラックリストに載ってしまっている状態では、どこの金融機関もお金を貸してくれません。
そのため、住宅ローンを利用したいと思っても、金融事故を起こしてブラックリストに載っているような人では、住宅ローンも利用できないということです。
このブラックリストに載っている状態は社会的にも大きな信用を失っている状態なので、このような状態にならないような計画的な利用が大切です。

 

1-3.債務整理や個人再生も信用情報として記録される

カードローンを利用して返済できないような状態になると、自己破産のような債務整理をすることになります。
この自己破産をした場合には、10年は金融機関からお金を借りられないことになります。
そのため、自己破産だけはしたくないと思っている人もいるかもしれませんが、債務整理には、任意整理や個人再生などもあり、これらの債務整理でも金融機関からの融資は受けられないと考えておく必要があります。
任意整理なら5年間、個人再生なら自己破産と同じ10年間は金融機関を利用しての融資は受けられないと思っておくことが必要です。

 

1-4.短期間に複数に申し込むと申込ブラックになる可能性も

ブラック扱いをされるのは、延滞や債務整理だけではありません。
申し込みの時に、確実にカードローンを利用したいと思い、複数の金融機関に申し込みをするという人がいます。
この複数の金融機関に申し込むこともブラック扱いをされてしまう可能性があります。
なぜ、複数の金融機関に申し込みをするとブラック扱いされるのかと思う人もいるかもしれませんが、もし、複数の金融機関の審査にすべて通ってしまうと、一気に借金が増えることになるからです。
金融機関では今の借り入れ状況などを考慮して利用限度額を決めるのですが、複数に申し込んでいると今後借金が増える可能性がある人と判断され、要注意人物としての扱いを受けることになります。

2.クレジットヒストリーに記録される返済状況と利用履歴

カードローンの利用は、慎重に行う必要があるのですが、これはカードローンだけでなくクレジットカードでも同じです。
クレジットカードには、ショッピング枠だけでなく、キャッシングも利用できるカードもあります。
このショッピング枠やキャッシングでの利用でも、信用情報機関に記録されることになります。
このクレジットカードでの支払いが遅れることにより、延滞したという事実を信用情報機関に記録されることになります。
信用情報機関の記録は、住宅ローンを利用するときには必ず確認されるので、カードローンだけでなくクレジットカードの利用の際にも計画的な利用が求められます。

3.ブラックリストに載ることのデメリット

信用情報機関の情報というのは、金融機関に融資の申し込みをすれば必ず確認されます。
金融機関はこの情報によって、申込者の信用を調べることになります。
過去の利用実績によって、融資をしても確実に返済してくれる人なのか、計画的にお金を利用できるのかをこの信用情報を利用して確認をします。
もし、信用情報機関の記録に、ブラックリスト扱いされるような事実が記録されているようなら、申込者の信用は著しく低下すると考えられ、まず金融機関は融資をしてくれません。
融資を受けるためには、信用が何よりも大切ということを自覚して、カードローンを利用することが大切です。

 

3-1.個人信用情報機関から削除されても社内ブラックリストは残る

個人信用情報機関の記録は、永遠に残るというものではありません。
一定期間を過ぎれば、情報は削除されます。
自己破産をすると、10年は借り入れが出来ないというのは、信用情報機関に記録が保存される期間が10年となっているためです。
そのため、自己破産をしても10年経過すれば、その事実が信用情報機関から消えることになり、金融機関からの借り入れが出来ることになるのですが、この記録が消えても消えない情報もあります。
それが社内で記録している情報です。
自己破産者の記録は、信用情報機関を利用しなくても、国が発行している官報を見れば確認できます。
各金融機関ではブラック扱いされる情報を社内でも保存していると考えられ、一度ブラック扱いされると、金融機関からの借り入れが難しくなってしまいます。

4.しっかりとした返済状況は住宅ローンを組むときに有利になる?

カードローンを利用すると、ブラックリストに載る可能性があり、このリスクを考えるとカードローンを利用しない方がいいのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。
しかし、これはカードローンを計画的に利用していない場合であり、このカードローンをうまく利用している人の場合には、住宅ローンを利用するときにプラスに働くこともあります。
金融機関は、信用情報機関の記録から利用者の信用を確認することになるのですが、確実に返済できている人の場合は、その記録によって大きな信用を得ることになります。
確実に返済することは、借金をしても問題ない人と判断され、住宅ローンを利用するときの審査に大きなプラスとなります。

5.実際にカードローンを利用している主婦の口コミ体験談

口コミの中には、任意にちょこちょこ返済したので早かったですと言っている声を見ることが出来ました。
この人は夫の給料が極端に減った時期があったようで、普通の返済すら困ることがあり、専業主婦でも利用できる楽天スーパーローンを利用したとのことでした。
この人は、今は借りていませんが50万円の枠は残してありますとも言っています。
カードローンはとても便利なのですが、この人のように緊急時だけ利用することが、後々利用することになる住宅ローンや教育ローンにも良い影響を与えることが出来ます。
家計を守る専業主婦は、賢いカードローンの利用も求められます。